逆光催眠で女子校時代の人格と制服姿になった巨乳若妻が、仕込まれた奉仕テクを披露していく・・・ 無料エロマンガ

公開日:  最終更新日:2020/09/05

エロマンガ メスメリズム4 のご紹介です。

 

<内容>

自称セラピー店を営むイチローの話術にハマり、催眠をかけられてしまった若妻カフェ店員・石田 祥子。
記憶がないうちに溜まっていた欲情をさらけ出し、感度上昇した身体を犯され、中出し絶頂してしまう。
セラピー調教はすすみ、記憶がないままどんどんイチローを信頼し、受け入れていく祥子。
用を催したという理由で家に訪れたイチローを快く案内する。
偶然あった女子校生時代に着ていたセーラー服を見つけたイチローは
祥子を退行催眠をかけて高校時代の記憶に戻し、自身を初恋の人と認識させる。
セーラー服に着替えた祥子は恥ずかしがりながらも、
今まで仕込まれた奉仕テクニックでイチローを喜ばせていく・・・!

 

「こういうことするの初めて?」

祥子に耳を愛撫しながら巨乳をムニュっと揉んでいくイチロー。

「は・・・っ♥あ・・・はじ・・・めてっ・・・」

祥子は恥ずかしそうに答えながら身体をビクっと反応させていくと

「その割にはこんなに乳首を勃起させて・・・。ほら、ブラの上からでもくっきりわかるよ」

イチローは羞恥をあおるように乳輪をつまんで勃起した乳首を見せていき・・・

「ちが・・・っ♥ほんと・・・に・・・っ」

祥子は顔を赤らめ、身体をゾクゾクさせながら甘い声を漏らしていきます。

「じゃあこれを見たこともないんだね?」

ギンギンに反り返る肉棒を見せつけていくイチロー。

「あ・・・ありません・・・っ♥」

見たことがないはずなのに、火照る身体。激しくなる鼓動。

祥子はどんどん淫乱な本性を引き出されていくと

「ああ・・・祥子のマン汁でこんなに汚れちゃったよ。

キレイにしてくれる・・・?」

イチローはチ〇ポを濡れたショーツに押しつけ、愛液をキレイにするよう指示していき・・・

「は・・・はい」

祥子はセラピーで調教を受けた、フェラの実践を思い出し、

うれしそうに亀頭にチュッとキスをしていきます。

ウットリした表情で亀頭を舐め回し、

お口でヂュポヂュポしゃぶっていく祥子のチ〇ポ好きっぷりは見ものです!!

 

 

イチローの巨根にうれしそうにキスをしていく祥子

逆光催眠 女子校時代 巨乳若妻

ヂュポヂュポと激しくしゃぶって堪能していき・・・

逆光催眠 女子校時代 巨乳若妻

アへ顔で騎乗位ピストンしていきます

逆光催眠 女子校時代 巨乳若妻

 

無料閲覧はコチラ

https://nhentai.net/g/231433/

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

PAGE TOP ↑