淫魔王の圧倒的強さと凌辱地獄で快楽に堕ちた屈強対魔忍が、媚び奉仕し、中出しを求めていく・・・ 無料エロマンガ

公開日:  最終更新日:2020/05/12

エロマンガ 不知火孕み堕ち (対魔忍ユキカゼ) のご紹介です。

 

<内容>

魔界都市ヨミハラにて
人間と魔の仲介をする政治家・矢崎宗一を追い詰めた不知火。
圧倒的な力で護衛のオークを屠り、拉致作戦は成功かに見えた。

しかしそれもつかの間
真の黒幕である淫魔の王に破れ、囚われの身となってしまう。

伝説の対魔忍である不知火の強さを認めた淫魔王は
彼女を自らの後継者を授かる器にするべく
激しい肉欲にまみれた恥辱を繰り返す

不知火は悪魔の淫らな攻めに決して屈することなく
犯されながらも何度も命を狙うが
王のあまりの強さの前に成すすべがなくなる

そして長きに渡り快楽を刻み込まれたその体は
黒き花嫁衣装を纏い、王の種を植える肉壺としての生を選択する

この世で一番強い男の肉棒に悶う狂う不知火
そしえ狂宴の熱が頂点に達した時
淫魔王家直系の子作りの儀が始まる…

不知火は13日間一秒も休まず、王の黒き精子の射精を子宮に受け
並の女では快楽死するほどの絶頂に耐え淫魔の母に堕ちていく・・・!

 

身も心も疲弊し、呆然とした表情で花嫁姿を披露する不知火。

「女がその姿(花嫁衣裳)をしていることの意味が分かっているのか不知火」

魔王は不知火のプライドを刺激するようにあおっていくと

「あ、あなたが着ろっていうから・・・」

不知火は今までにない弱々しい口調で答えていき・・・

言われるがままひざまずき、魔王の勃起チ〇ポを咥えこんでいきます。

「いいぞ。もっと奥まで咥えろ。」

不知火の頭を押さえ、喉奥までしゃぶらせていく魔王。

「(すごい熱い。こんなのに何度もアソコとお尻を・・・。

はあはあ、いやらしい味。頭・・・しびれる。んふっ、ああ体が)」

不知火は今まで犯されてきたことを思い出しながら、

肉棒の淫靡な味を堪能するように舌で舐め回していくと

「よしもういい入れるぞ」

「ま、待って鎧が」

「ククク、なんとか術も間に合ったか」

もはや膣内を守る術も、わずかな理性を守るために使っていき・・・

魔王に弄ばれ、犯されているのにトロけた表情で甘くあえいでいきます。

「そなたの手で契るのだ。思いだせ。余の生の味を」

あえて術を破らず、自らの意思で受け入れさせようとする魔王。

「(お、覚えてる。お尻にいっぱいしてもらった。いっぱいザーメン中出ししてくれた。

生・・・マ〇コに・・・マ〇コに・・・欲しい・・・ドロドロのザーメン)」

不知火は中毒症状のようにザーメンと快楽を欲し、理性を崩壊させていく不知火。

「あ・・・♥あ・・・これが・・・淫魔王・・・様・・・の」

自ら術を解き、大量のザーメンを中出しされ、歓喜の余韻で痙攣していくと

「乱れ狂おうぞ。水城不知火」

ついに心まで掌握した魔王は満足しながら、激しくチ〇ポで突いていき・・・

「淫魔王様・・・。もう我慢できません。赤ちゃん・・・欲しい」

完堕ちした不知火が魔王に甘く媚びながらディープキスし、

うれしそうに奉仕していく姿は見ものです!!

 

 

魔王に何度もアナルやオマ〇コを犯され、絶頂を繰り返す不知火

屈強退魔忍 魔王凌辱地獄 快楽堕ち

花嫁姿で勃起チ〇ポを喉奥までしゃぶり、舐め回していき・・・

屈強退魔忍 魔王凌辱地獄 快楽堕ち

完堕ちし、ディープキス手コキしながら子種をおねだりしていきます

屈強退魔忍 魔王凌辱地獄 快楽堕ち

 

無料閲覧はコチラ

https://nhentai.net/g/302789/

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

PAGE TOP ↑