催眠催淫効果のあるザーメンを採取するために、拘束痴女責めしていく科学女子たち・・・ 無料エロマンガ

公開日:  最終更新日:2020/12/26

エロマンガ 中出ししまくっていたら学園がハーレムになっちゃってた件 第3話 のご紹介です。

 

<内容>

ここは私立ダシ杉学園。校内のSEXが自由化され、
中出し量を成績とする学園で童貞だった主人公・ひろは、
生徒会から持ち前の射精量を買われ、人生初Hを成し遂げる。
さらに彼女達に飲まされた精力剤の副作用で身につけた催淫ザーメンを駆使して、
学園一のハーレムを作ることを決意する!

こうして新たな学園性活をスタートさせたひろの元に、
化学実験サークルの女子・知佳と理子がハーレム入りを志願してくるのだが…
過激な実験をしていると噂のインテリ理系女子たちは
本性をあらわし、主人公を監禁逆レイプで精液採取を試みていく・・・!

 

「今からぁ、いーっぱい気持ち良くしてあげるね♥」

白衣を脱ぎ、爆乳裸体を見せつけて誘惑していく知佳。

「デュフフ。ではさっそく・・・(って、え?)」

ひろはさっそく大きいおっぱいを堪能しようとしていくも

理子に後ろから注射を打たれていき・・・

そのまま気を失い、全裸拘束されていきます。

「くそっ!動けない!」

目を覚まし、縛られた両手をジタバタさせるひろ。

「安心して。終わったらすぐ解放してあげる」

知佳たちは生徒会や不良たちを堕とした催眠催淫効果のあるザーメンに、

興味を示していることを打ち明けていくと

押し倒したひろに四つん這いで近づいていきます。

「じゃあ早速、君のために用意した道具で、いっぱい気持ち良くしてあげるね」

電マで勃起チ〇ポを刺激しながら尿道プラグを挿入していく二人。

ひろは内と外の同時に責めで激しく悶えていると

「フフッ、いいサンプル取れそう♥一番奥まで突っ込んでぇ、抜いてあげるっ!」

理子はビクビク脈打つ肉棒にニンマリしながら

尿道プラグを奥まで差し込み、一気に抜いていき・・・

「溢れてるじゃない!」 「こんな量、想定外よぉ♥」

予想以上のザーメン量に驚きながら浴びてしまい、

催眠催淫で堕ちていく二人の姿も見ものです!!

 

 

ひろを誘惑し、睡眠薬を投与していく知佳と理子

催淫ザーメン 実験痴女搾精 科学女子

電マと尿道プラグの内外責めで快楽に溺れさせていき・・・

催淫ザーメン 実験痴女搾精 科学女子

想定外のザーメンを浴び、強制発情して言いなりになっていきます

催淫ザーメン 実験痴女搾精 科学女子

 

無料閲覧はコチラ

https://e-hentai.org/g/1697969/b4950a6631/

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

PAGE TOP ↑