媚薬薬の香りで強制発情したプライドの高い理系女子たちが性欲に狂っていく・・・ 無料エロマンガ

公開日:  最終更新日:2019/11/16

エロマンガ 媚薬で同級生の女子を調教した件 のご紹介です。

 

<内容>

主人公が所属する薬学部は大半が女子だがプライドの高い性格に肩身の狭い日々を過ごしていた。
媚薬の作り方を手にした男子の提案と共に、部屋にある薬品で調合。
強烈な匂いが放たれ、生意気な女子も、真面目な女子も、教師っも全員強制発情。
よだれを垂れ流し、顔を赤らめ、オナニーにふけりだす。
濡れたオマ○コを指でかき回し、乳首やクリトリスを洗濯バサミで挟んで弄ぶ男子たち。
女子たちは嫌がりながらもなすががままに果て、差し出された勃起チ○ポを貪っていく・・・!

 

「ん♥ひどいよ。うっ、ひぐっ、こんなのいやぁ・・・」

手マン絶頂と共に床に座り込み、愛液と潮を溢れさせていく薬学女子たち。

「そろそろ俺たちも楽しみたいな」「だな!!」

男子たちはズボンを脱ぎ、そそり立つ勃起チ○ポを差し出していくと

「い、いやっ。汚らしいチ○ポ早くしまってよ」「あ~~ん♥そのニオイ・・・堪らないっ」

「あぁあ・・・っ♥イヤなのにチ○ポから目が離せないよ・・・♥」

薬学女子たちはそれぞれ違う反応を示しながらもトロけた顔つきになっていき・・・

欲望に耐え切れず、いやらしく伸ばした舌でレロレロ舐め始めていきます。

「んっ・・・あむっ♥」「あれ理緒ちゃん。俺のことキモイんじゃなかった」

毛嫌いしていた男子のチ○ポを必死にしゃぶっていく薬学女子の一人・理緒。

「・・・ん、そうよ。あんたのくっさいチ○ポなんて、誰が好きこのんで舐めるもんですか」

ツンデレのように文句を言いながらも再び激しくフェラしていき・・・

大量のザーメンを口に出され、悔しがっていきます。

口、爆乳、オマ○コでチ○ポで性欲を満たしていく薬学女子たちの姿は見ものです!!

 

 

媚薬の匂いで強制発情してしまう薬学女子たち

媚薬薬 匂い強制発情 薬学女子

嫌がったり、甘く求めたり、それぞれ反応を示しながらトリプルフェラしていき・・・

媚薬薬 匂い強制発情 薬学女子

アヘ顔で騎乗位や顔面騎乗で淫らに腰をを振っていきます

媚薬薬 匂い強制発情 薬学女子

 

無料閲覧はコチラ

https://e-hentai.org/g/1409376/015be3d68c/

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

おすすめ記事

PAGE TOP ↑