液状ヴィランに寄生され、催淫催眠効果で強制発情した身体に、ザーメンで淫乱になっていくヒロイン・・・ 無料エロマンガ

公開日:  最終更新日:2020/09/24

エロマンガ パワーガール 〜JKスーパーヒロインの催淫堕落記〜 第1話 のご紹介です。

 

<内容>

正義のヒロインを催眠攻撃で下品に改造!

JKでありながらパワーガールとして
人々を守る正義の少女・皇 夏鈴(すめらぎ かりん)。
だがとある液状のヴィランを倒した際、
口の中にその一部を取り込んでしまい、
身体が艶っぽく発熱しだしてしまう。

そんな状態に困惑する中、別のヴィランに
操られた市民たちに襲われる夏鈴。
戦おうにも市民を傷つけるわけにはいかないヒロインは
巨乳を揉まれ、欲望のままにちんぽを身体に
なすりつけられながらも打開策を練ろうとする。
しかし顔に押しつけられたちんぽの匂いが
彼女の身体の熱と反応して、思考がねじ曲がり
処女穴も豊満な胸も市民のちんぽ入れとして
扱われることに悦びを感じるようになってしまう・・・!

 

「(っ体が熱い・・・。このままじゃ本当に犯される・・・)

・・・とは言っても、手を出すわけにはいかないし・・・)」

体の火照り、操られ、今にも襲おうとしてくる中年男たち・・・。

恋人のことを想いつつ、手出しできない状況に困惑するパワーガール。

ヴィランの催淫液体の効果で敏感になっている

乳首やオマ〇コを指でいじられ、甘い声を漏らしていくと

黒幕ヴィランの号令のもと、操られた中年たちが一斉に勃起チ〇ポを差し出していき・・・

無理やり握らせ、口の中へと押し込んでいきます。

「(うそ・・・普通のキスも、してないのに・・・こんな・・・)」

体を舐められ、イラマチオされ、ショックを受けるパワーガール。

「おらっち〇ぽ汁くらえ!!」

中年男たちは大量のザーメンを一気に顔を浴びせていくと

「(いやぁあぁ!!)」

パワーガールは心の中で悲鳴を上げながらもトロンとした表情になっていき・・・

「おらっ、ザーメンの臭いどうだ!?」

「オスが種を残そうとする、とても本能的ないい匂いです」

催淫、催眠の影響で虚ろ目になり、白濁汁に興奮してしまうパワーガールの姿は見ものです!!

 

 

液体化したヴィランを少し飲んでしまうパワーガール

液体寄生 強制発情 ヒロイン

強制発情した身体を操られた中年男たちに弄ばれていき・・・

液体寄生 強制発情 ヒロイン

大量のザーメンを浴び、淫欲に溺れ始めていきます

液体寄生 強制発情 ヒロイン

 

無料閲覧はコチラ

https://e-hentai.org/g/1468686/045d993721/

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

PAGE TOP ↑