催眠常識変換された水泳部女子校生が、記録を伸ばすためにザーメン摂取奉仕していく・・・ 無料エロマンガ

公開日:  最終更新日:2020/10/10

エロマンガ お手軽催眠2 のご紹介です。

 

<内容>

水泳部所属でクラスで美人の夏木 みなもをモノにすべく、催眠アプリを使うデブ男子。
催眠洗脳されたみなもは『水泳の特訓』のために、女子の大事なモノを捧げ、奉仕していく・・・!

 

「なんでアンタがここにいるのよ!?練習の邪魔だからプールから出て行って!!」

汚物を追い払うようにデブ男子に激怒していくみなも。

ところが催眠アプリを見せられていくと

「あっ、そうだった。私がコーチとして来てってお願いした・・・?」

みなもは思い出したように申し訳なそうにしていき・・・

「そうだぞ夏木。忘れんなよ」

デブ男子はニヤニヤしながら高慢な口調で咎め、逆らえなくしていきます。

「ザーメンを摂取する事で泳ぎが速くなるんだ。遠慮せずしゃぶれ♥」

無理やりこぎつけた理論で奉仕するよう要求していくデブ男子。

「はい、いただきます♥」

催眠効果で顔を赤らめて発情したみなもは

息をはっはっ切らしながらいやらしく口を開けていくと

ヂュポヂュポと淫らにしゃぶりつき、大量のザーメンを口に出されていき・・・

バックセックスで中出しされ、メス顔で感謝していくみなもの堕ちっぷりは見ものです!!

 

 

デブ男子の催眠アプリで常識変換され、エッチが特訓だと思い込んでいくみなも

催眠アプリ洗脳 水泳部女子校生

発情したメス犬のように息を切らし、ヂュポヂュポとフェラしていき・・・

催眠アプリ洗脳 水泳部女子校生

生ハメバックセックスに戸惑いながらも、甘くあえいでいきます

催眠アプリ洗脳 水泳部女子校生

 

無料閲覧はコチラ

https://e-hentai.org/g/1477751/9f13db6968/

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

PAGE TOP ↑