下級の豚魔族に催眠アプリで操られ、強制奉仕や種付けプレスで寝取られていく皇魔族美女・・・ 無料エロマンガ

公開日:  最終更新日:2021/02/17

エロマンガ 絶対☆服従 神羅遊戯 (神羅万象) のご紹介です。

 

<内容>

神と魔物、そして人間が共存する世界、神羅万象(しんらばんしょう)。
皇魔族アスタロットは異質的な魔力を感じ、その場所へと向かう。
そこにいたのは豚魔族。何やら怪しい動きをしている。
問い詰めようと近づくも、豚魔族が持っていた催眠アプリによって
意識を残したまま操り人形状態に。
低級で汚らしい豚魔族に恥辱行為を繰り返されていく・・・!

 

「ふん、まぁ良い。全部消してしまえばいいさ」

ニヤリとしながら手に魔力をこめていくアスタロット。

「ひー!助けて!」

豚魔族はビビりながら催眠アプリを見せつけていくと

「(!!な・・・何?!か・・・体が動かない・・・。

しかも、私の魔力が消えている?!)」

アスタロットは体の自由と魔力を奪われ、驚いていき・・・

「お前・・・何を・・・!」

苦虫を噛みながら問い詰めていきます。

「ブ・・・ブッヒッ、これマジでできるみたいね」

ちゃんと催眠が効いたことに安堵する豚魔族。

コスチュームを脱ぐよう指示していくと

「はー?何を話しているか。こんなことならすぐ・・・えっ・・・な・・・何!?」

アスタロットは強がろうとするも、身体が勝手に服を脱ぎ捨ててしまい・・・

見下していた豚魔族に裸体をさらしてしまい、ブチ切れていきます。

「じゃあ、殺してみて、俺の物を」

あざ笑いながら巨大な勃起チ〇ポを目の前に差し出す豚魔族。

アスタロットは唇を噛みしめ、悔しがりながら顔を近づけていくと

いやらしく舌を出して口を開けていき・・・

亀頭から吸いつき、ゆっくりとしゃぶっていきます。

高貴でプライドの高いアスタロットが、寝取られ肉便器に堕ちていく姿は見ものです!!

 

 

豚魔族に催眠アプリを使われ、操り人形にされていくアスタロット

皇魔族 催眠アプリ 操り人形

強制フェラ奉仕させられていき・・・

皇魔族 催眠アプリ 操り人形

中出しプレスで寝取られていきます

皇魔族 催眠アプリ 操り人形

 

無料閲覧はコチラ

https://e-hentai.org/g/1467125/836f71b2e9/

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

PAGE TOP ↑