理性を失い、奉仕を強要されたヒロインが手コキフェラで搾精していく・・・

公開日:  最終更新日:2019/06/20

エロ動画 ヒロインセクハラ ~狙われたデイトナピンク~ のご紹介です。

 

<内容>

デイトナピンク達の活躍により死神帝国は勢力を弱めた。
それにより政府は必要性の薄れたデイトナレンジャーへの予算を大幅に削減する。
変身もそう度々できず、銃もエネルギー不足で使い物にならない。
そんな時、デイトナピンク達に朗報が。それは新しくスポンサー企業が見つかったというもの…
しかし、それには条件があった。その条件とはデイトナピンクが
その企業へと出向し働くというもの。
不安に駆られるピンクだが仲間のためにとその申し出を受ける。
働き始めたピンクに群がる男達。彼らはスポンサーの件が反古にされると
困るピンクが抵抗出来ない事をいいことに性的な嫌がらせをしていく。
仲間の為、正義の為に必死に耐えるデイトナピンク…。
公然と肩をベタベタ触られ、死角のときにおっぱいやお尻を触られ
唯一の個室トイレを使われ、失禁してしまう。
しかし、彼女を待っていたのは悪夢でしかなかった。
社長と名乗る男に脅されたデナイトピンクは、
仕事中にローターを強要され、社長室で犯される。
そこに本物の社長が現れ、激怒した彼にスポンサーを
降りることを宣言されてしまうのだった。
途方にくれるデイトナピンクの前に今度は社長の息子を名乗る男が現れ、奉仕を強要される。
もはやまともな思考ができないデイトナピンクは言われるがままチ○ポを貪っていく・・・!

 

「んっ・・・ちゅぱちゅぱ・・・はぁ、はぁ、はぁ・・・・・んっ♥」

ひざまずき、両サイドに差し出されたチ○ポたちを奉仕していくデイトナピンク。

媚びるような顔つきで見上げ、甘い声を漏らしながら

チュパチュパと交互に手コキとフェラしていくと

ヂュルヂュル吸い上げながら、シコシコと激しくシゴいていき・・・

舌で亀頭をベロベロ舐めていきます。

「はぁ、はぁ、もっと激しく・・・!」

興奮しながらもっと刺激を要求する男たち。

「んっ、んっ、んっ、んんっ♥」

デイトナピンクは言われるがままヂュポヂュポと激しく手コキフェラしていくと

男に腰を振られ、口内を突かれながらしゃぶっていき・・・

いやらしく舌を出し、大量のザーメンを注がれていきます。

男の射精を誘う視線、淫らな口技でイカせていくデイトナピンクの姿は見ものです!!

 

 

肉体営業をさせられるデイトナピンク

ヒロインピンク 強要奉仕

社長と名乗る男に座位セックスで淫らに腰を振っていき・・・

ヒロインピンク 強要奉仕

今度は社長の息子と名乗る男たちに手コキフェラで奉仕していきます

ヒロインピンク 強要奉仕

 

ダウンロードはコチラ

https://click.duga.jp/ppv/giga-0781/20061-02

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑