催淫剤と調教を受けた気高い王女が徐々に痴女に堕ちていく・・・ 無料エロマンガ

公開日:  最終更新日:2018/04/25

エロマンガ 淫堕の鬼姫アンネローゼ 第4話 のご紹介です。

 

<内容>

クォン大陸にある小国グリダニア王国の至宝と称される。
美しく、慈しみ深い王妃・ヒルデガルド・フォン・グリダニアと、
超絶的な剣の達人であり、母親譲りの美貌を持つ、
王女・アンネローゼ・フォン・グリダニア。
財政的には豊かではないグリダニア王国は、自国の困窮を救うため、
南方の小国で財政が豊かなスキウィアス王国と同盟を結ぶ。
だが、その同盟は横領を重ねてグリダニアの財政難の原因を作った
財務大臣・ヒンゲンの姦計だった。
同盟の細部を詰めるために、スキウィアスに向かった二人だったが、
鬼姫と称されるアンネはスキウィアス特産の催淫剤を飲まされ、
身体が火照りだすとスキウィアスの王子・キースに指南されたヒンゲンに
「身体が発情し狂い死にする病」にかかったと言葉巧みに洗脳を受けてしまう。
病を治す唯一の特効薬である精液。
それを搾り出す特訓という名の調教を受けていくアンネ。
徐々に淫乱な身体へと変貌していった美しき王女は
チ○ポを求めるメス奴隷へと堕ちていく・・・!

 

「し・・・舌先がジンジンする。熱い・・・。なんでこんなに熱いの?」

舌先でヒンゲンの裏筋をペロペロ舐めていくアンネ。

徐々に興奮し、身体が熱くなることに戸惑いつつも

ヒンゲンに言われるがままチ○ポを咥えていくと

ヂュポヂュポとしゃぶっていき・・・

甘い声を漏らしながらヂュルヂュルと吸い上げていきます。

「ああっ!何これ・・・。胸がジンジンする♥」

巨乳に挟まれたチ○ポの感覚に敏感に感じるアンネ。

ムニュムニュとシゴいて大量のザーメンを顔にかけられていくと

ザーメンを薬と思い込みながらむしゃぶり、飲み干していきます。

オマ○コの練習と称され、騎乗位になったアンネは

トロ顔になりながら淫らにピストンしてあえいでいき・・・

気高いアンネが徐々に変態痴女に堕ちていく姿は見ものです!!

 

 

ヒンゲンに言われるがまま勃起チ○ポを舐めていくアンネ

 

パイズリで大量のザーメンを顔にかけられていき・・・

 

騎乗位で甘くあえぎながらピストンしていきます

 

無料閲覧はコチラ

https://e-hentai.org/s/449c415901/734279-69

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

おすすめ記事

PAGE TOP ↑