ザーメンで男の虜になった未亡人大家が淫らに奉仕して搾精していく・・・ 無料エロマンガ

公開日:  最終更新日:2017/04/16

エロマンガ 奇跡のザー汁 第3話 のご紹介です。

 

<内容>

ブサメンで童貞だった鳴尾浜 一盛は
自分のザーメンには惚れ薬の効果があるということを知り
次々と美女たちを虜にしてセックスを楽しんでいく。
ある日、家賃が足りず未亡人大家が家に押しかけてくる。
チャンスだと感じた一盛はザーメンを加湿器に入れ
言葉巧みに未亡人大家を家に招き入れる。
狙い通りに発情し虜になった未亡人大家は
態度が一変し、一盛を求めて奉仕していく・・・!

 

「ご、ごめんなさい!嫌わないでェ~~~~ッ!!」

謝りながら一盛に抱きついていく未亡人大家。

キスをされいやらしく舌を絡め合っていくと

「あたし・・・うまいって褒められますのよ?」

いやらしく唾液を手に垂らしてチ○ポに絡めていき・・・

ニュチュニュチュと手コキして感じさせていきます。

「舌技も味わってくださいまし♥」

長い舌を伸ばして裏筋や亀頭をペロペロしていく未亡人大家。

奥まで咥えてヂュルヂュルと吸い上げていくと

「いかがでしょうかぁ~~~?」

今度は一盛を四つん這いにさせてアナルをペロペロ舐めながら

シコシコと手コキして快楽に溺れさせていき・・・

熟練のテクで奉仕し、ザーメンを搾り取っていく未亡人大家の姿は見ものです!!

 

 

熟練の手コキやフェラで奉仕していく未亡人大家

 

アナルをペロペロ舐めながらシコシコと手コキしていき・・・

 

大量のザーメンを搾り出していきます

 

無料閲覧はコチラ

https://hitomi.la/reader/640107.html#44

当サイトのレズ版 レズ洗脳

PR

関連記事-こちらもどうぞ

PR

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

おすすめ記事

PR

PAGE TOP ↑