催眠で操られた美女が嫌がりながらも兄に淫らに奉仕していく・・・ 無料エロマンガ

公開日:  最終更新日:2018/04/25

エロマンガ つきひヒプノ (化物語) のご紹介です。

 

<内容>

催眠の才能があるかもしれないと考えた阿良々木 暦(あららぎ こよみ)は
催眠を使ってハーレムを夢見だす。
さっそく妹である月火(つきひ)に振り子催眠をかけると
月火は意思とは無関係に奉仕し始める・・・!

 

「はぁ!?何これ何これ!プラチナムカつくんだけど!!」

手が勝手に動き、暦の勃起チ○ポを手コキしていく月火。

嫌がりながらも言われるがまま勃起チ○ポを舐めていくと

金玉を揉みながらペロペロしていき・・・

ヂュルルルと吸い上げてザーメンを搾り出していきます。

「じゃあ次は胸でもしてもらおうかな」

暦の言葉に反応し浴衣をはだけさせ、おっぱいでチ○ポを挟んだ月火は

ムニュムニュとシゴいて再び精子を搾り出していき・・・

口で受け止めてゴクンと飲んでいきます。

「絶対絶対赦さないんだから!」

言葉とは裏腹に暦にまたがって素股していく月火。

ニュチュニュチュと愛液で濡れたオマ○コでこすりつけていき・・・

操られた月火が嫌がりながらも感じながら淫らに奉仕していく姿は見ものです!!

 

 

嫌がりながらもフェラをしてザーメンを搾り取っていく月火

 

パイズリでムニュムニュとシゴいてイカせていき・・・

 

濡れたオマ○コでニュチュニュチュと素股していきます

 

無料閲覧はコチラ

http://g.e-hentai.org/g/583558/3d552cbf5c/

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

おすすめ記事

PAGE TOP ↑