高慢だった幼馴染爆乳女子が催眠肉便器に堕ち、奉仕していく・・・ 無料エロマンガ

公開日:  最終更新日:2019/05/29

エロマンガ さいみん♥べんき のご紹介です。

 

<内容>

ゲーム好きのデブでオタクである主人公は幼馴染である
リノの高慢な態度に内心イラ立っていた。
通販でかった催眠講座を使い、催眠術をかける。
いつものように偉そうな口調ながらも便器宣言していくリノ。
主人公は日頃の復讐をかねて奉仕させ、欲望のまま犯していく・・・!

 

「お前はボクの肉便器になるんだよぉ!」

鷲づかみするような形で両手を向け、リノに催眠をかけていく主人公。

「おおっ・・・。やるねぇ豚くん。催眠術だいせいこうだ」

ビビる主人公のお腹を拳でグリグリしながらそう言い放つと

自ら顔に便器と書き、ツインテールになっていき・・・

「なんだ豚。はやくチ○ポ出せよ」

いつもの高慢な態度でチ○ポを求めていきます。

「まったくそんなにボクのチ○ポがしゃぶりたいのか便器ぃ?」

弱々しい態度から強気に勃起チ○ポを差し出す主人公。

「おおーっ♥でけー!ふむふむ♥こういう臭いか」

リノは巨根に興味津々に見つめていくと

目をつむって鼻をこすりつけ、堪能するように臭いを嗅いでいきます。

「それじゃあいただき、ま~す♥」

うれしそうに大きく口を開けたリノは

裏筋を丁寧に舐め上げ、ウットリしていくと

ハート目で見つめながら尿道を舌で刺激していき・・・

催眠で肉便器化したリノがツンデレ奉仕していく姿は見ものです!!

 

 

主人公をバカにしながら催眠をかけろと挑発していくリノ

生意気幼馴染 催眠肉便器

いつもの口調ながらフェラ奉仕していき・・・

生意気幼馴染 催眠肉便器

強烈な座位セックスでアヘ顔になっていきます

生意気幼馴染 催眠肉便器

 

無料閲覧はコチラ

https://nhentai.net/g/152206/333/

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

おすすめ記事

PAGE TOP ↑